体を温めること

女性

白湯で温活

女性ホルモンを増やすために重要なことは、体を冷やさないことです。最近では健康のために温活という方法を取り入れることが広まっていますが、まさに温活が女性ホルモンを増やす一番の方法となります。体を冷やしてしまうと女性ホルモンを生産している卵巣の働きが悪くなるといわれているのです。体を温め、ランスの働きをよくすることで女性ホルモンを増やすことができるようになります。体を温めるのに多くの人が行なっている方法では、白湯をのむことです。白湯は飲むヨガと呼ばれており、白湯を飲むことで中から体を温めていきます。とくに朝目覚めたときは体温が下がっている人が多いので、朝に白湯を飲むことでじわじわと体を温めていくことができます。

基礎体温を上げる

白湯を飲むときは、できるだけのみ安い温度で飲むのがよく、そのときだけがぶがぶ飲むのではなく、朝に1杯昼に1杯と、1日に数回に分けて何度も飲むことで体を温めていき、基礎体温も上げることができます。基礎体温が36℃以下だと冷え性になりやすくなり、女性ホルモンも減ってしまうようになります。女性ホルモンのバランスが悪い人の中には基礎体温が36以下の人が多く、冷え性となっていることもあります。体が冷えると悪循環となり、女性ホルモンが減るばかりでなく、夜からだが冷えすぎて眠れなくなることもあれば、体の疲れが取れにくく感じるようにもなります。女性ホルモンを増やすためにも体を普段から温めていく方法を取り入れることが重要です。

Copyright © 2017 早期治療で外反母趾は治せる|辛い痛みにさよならしよう All Rights Reserved.